冨田整形外科トップページへ

リウマチの早期診断

 関節リウマチの診断に際しては従来,次のような診断基準があり,これに従ってリウマチの診断,治療を行うのが原則とされてきました.
 

関節リウマチの診断基準(1987年 アメリカリウマチ学会による)

1.
 

少なくとも1時間以上の朝のこわばりがある(6週間以上)

2.
 

3つ以上の関節の腫れがある(6週間以上)

3.
 

手の関節や指(PIPまたはMCP関節)の腫れがある(6週間以上)

4.
 

対称性に関節の腫れがある(6週間以上)

5.
 

皮下結節(リウマチ結節)がある

6.
 

血液検査でリウマトイド因子が陽性である

7.
 

手のX線変化がある.


 これらの7項目のうち4項目以上あてはまる場合をリウマチと診断してよい。
 しかし,診断基準に当てはまるまで症状を観察していたのでは,早期にリウマチを診断 することが難しく,治療の遅れが病気の進行を招いてしまう問題がありました.

/
/
/
/
/ /
/
/

 これらの6項目のうち4項目以上あてはまる場合をリウマチと診断してよい。
 当院ではこれらをふまえ,より早期に関節リウマチを診断し,適切な病気のコントロールを目指して 治療にたっています.


Copy Right(C) 冨田整形外科 2007