冨田整形外科トップページへ

脊椎疾患について

 多くの場合脊椎疾患に関しては、安静をとるか、あるいは手術的治療を行なうかに分かれることが多いのですが、本来脊椎疾患の場合は、急性期がすぎればその後は他の内臓疾患と同様に頚椎、腰椎の関節の可動域を高め、周辺の支持筋を強化することが大切なことです。  
 そのためには、基本的な理学療法に加え十分な、頚 胸、腰椎などのストレッチが大切であり日常生活の姿勢の改善、就寝時の枕の使用方法の改善が必要です。
 以上のことを基本にし、リハビリを行なうことにより、大半の脊椎疾患は改善されます。当院のリハビリはこれを目標に行なっています。




Copy Right(C) 冨田整形外科 2007