冨田整形外科トップページへ

膝関節の構造

 膝関節の構造(骨,靱帯,半月板と筋肉)
 膝関節は大腿骨,膝蓋骨,脛骨の3つの骨のから構成される関節です.
図をみてもわかるようにその形状だけでは不安定なので,膝の内側,外側にそれぞれ側副靱帯が関節内の前後に十字靱帯があって 前後左右または回旋方向への安定性が得られるような構造になっています.

 また関節内には半月板が内側,外側に一対ずつあり曲面状の大腿骨の軟骨面とやや平坦な脛骨関節面とが適合するようになっています.筋肉は主に前後についていて,前面には大腿四頭筋が股関節から膝蓋骨に向かってのみています.

 膝蓋骨の下から脛骨へは膝蓋腱があって大腿四頭筋の力が脛骨へ伝えられます.後面にある筋肉は大腿二頭筋やハムストリングスがあります.
半月板損傷に対する治療 1

膝関節の障害

 膝関節のさまざまな外傷(半月板損傷,靱帯損傷)
 転倒によって膝を打撲したり捻ったりすると膝関節の組織にさまざまな損傷が生じます.また外傷だけでなくスポーツや作業によるオーバーユース、加齢変化などの原因によっても損傷を受けます.

 靱帯や半月板は主に強いひねりの力が膝に及んだ場合に損傷を受けやすく,損傷がひどいと治癒しにくく,関節軟骨の損傷などを引き起こす原因となります.
後ろから見た肩関節の筋肉
    半月板縦断裂
半月板フラップ状態断裂
 半月板損傷
 膝の過度の回旋や内反,外反ストレスにより半月板に強い力が生じると半月板が断裂が生じます.図のように縦に断裂が生じたり,フラップ状に断裂が起こることもあります.
 断裂部位や断裂の形によっては縫合することもできますが,多くの場合は損傷部を切除します.
 靱帯損傷
 特に膝への外反ストレスが強いと膝の内側側副靱帯 (MCL)や前十字靱帯 (ACL)に損傷が生じます.内側側副靱帯損傷は保存的に治癒することが多いのですが,前十字靱帯損傷は治癒しにくく,多くの場合靱帯再建術などの手術治療が必要になります.
/
/
 関節軟骨の損傷
 膝の外傷では関節軟骨に損傷が及ぶこともあります.また靱帯損傷や半月板損傷に合併して損傷があったり,それらの損傷が放置されることによって損傷が徐々に進み将来的に変形性関節症へと進行します.そこで図のように損傷が著しく軟骨が欠損した場合は骨軟骨の移植を行うこともあります.
欠損した関節軟骨
     欠損した関節軟骨
Copy Right(C) 冨田整形外科 2007