冨田整形外科トップページへ

肩関節の構造

 肩関節の筋肉と滑液包 肩関節の運動はさまざまな筋肉の作用によって制御されていますが、その中でも最も重要な働きをするのが、 腱板( Rotator Cuff :回旋筋腱板)とよばれる筋群です。

 この筋肉は肩峰という肩の一番上方の骨の下を通過して,肩甲骨から上腕骨頚部に走行しています。これらの筋肉のすべりをよくするように滑液包という膜が表面にあります。 上腕ニ頭筋は腱板の間をすり抜けるように前方に走行しています.

 また肩の前,横,後ろはすべて三角筋という大きな筋肉で覆われています。さらに背中には肩甲骨にたくさんの筋肉がついていて,これらの筋肉の作用によって肩の動きが制御されています。
後ろから見た肩関節の筋肉
 
前から見た肩関節の筋肉
肩を前から見たところ
 
肩を後ろから見たところ
肩峰:肩の上にある骨です。
肩峰下滑液包:すべる膜で腱板の動きを滑らかにします。
上腕骨:腕の骨は肩からぶらさがっています。
肩甲骨関節窩:いわば肩のソケットです。
腱板:筋肉と腱から成り立っています。
  肩甲骨の表面,背面についていて,腱の部分が骨に付着します。
三角筋:肩全体をおおう大きな筋肉です。

スポーツによる肩関節の障害

 腱板( Rotator Cuff:ローテーターカフ)
 肩関節の運動はさまざまな筋肉の作用によって制御されていますが、 その中でも最も重要な働きをするのが、 腱板( Rotator Cuff :回旋筋腱板)とよばれる筋群です。

 これは肩甲骨から 上腕骨頚部に走行している筋肉の集まりで、上腕骨頭の前方を走行する肩甲下筋、上方を走行する棘上筋、後方を走行する 棘下筋、小円筋の 4 つから構成されています。上腕骨頭表面ではこれら筋肉が一体となって腱様となっているため腱板と いう名前がつけられています。

 この腱板の各成分がバランスよく機能する(筋肉が作用する)ことによって、スムーズな 肩関節の挙上や、回旋、関節の安定化が得られます。逆にいえば、この腱板に異常が生じその機能が十分に作用しないような状態、つまり腱板機能不全の状態になると、肩関節の運動に異常が生じることになります。

 ですから、腱板の異常に対する 治療は腱板の機能を十分に回復させ、肩関節のはたらきを取り戻すことになります。
後ろから見た肩関節の筋肉
前から見た肩関節の筋肉
肩を前から見たところ
肩を後ろから見たところ
 上記図の説明(腱板 Rotator Cuff:ローテーターカフ )
腱板(ローテーターカフ):肩甲下筋,棘上筋,棘下筋,小円筋の4つの筋肉の集まりです.
 図のように肩甲骨表面から上腕骨に走行しています.それぞれ小さな筋肉ですが肩のスムーズな挙上運動を助けます.これらの筋肉の筋力強化(カフトレーニング)は肩の挙上回復に不可欠な訓練です.

スポーツによる肩関節の障害

 転落や転倒により手を強くついたり、肩を打撲した場合この腱板が断裂することがあります。 また外傷だけでなくスポーツや作業によるオーバーユース、加齢変化などの原因によっても損傷を受け、腱板断裂が生じます。

 腱板断裂が最も起こりやすい部位は棘上筋の上 腕骨付着部より 1 cmほど近位部です。
中年期以降の方に発生することが多いと考えられていますが、その原因として、この部分はもともと血流が少なく加齢変化を起こしやすいこと、烏口肩峰アーチとよばれる骨と靭帯で覆われた屋根の下を通過しているため機械的 なストレス(インピンジメント)や磨耗、炎症性変化を生じやすいことなどがあげられます。

 そのため断裂した端が肩峰の下面に衝突(インピンジメント)を生じたり、腱板表面の滑液胞の炎症を生じるために痛みが発生するのです。

 皆さんが五十肩という病名で片付けてしまっている症状のなかにはこのようなさまざまな原因があるのです.
後ろから見た肩関節の筋肉
   肩を前から見たところ
 図の説明(インピンジメントの起こりやすい部分) 肩峰下滑液包:腱板表面の薄い袋で摩擦を減らし動きをスムーズにするほか,腱板が骨や靱帯に引っかかるのを(インピンジメントを)防ぎます.
 常にストレスにさらされるため,炎症を起こしやすく痛みの原因になりやすい部位です.
Copy Right(C) 冨田整形外科 2007