冨田整形外科トップページへ

院長ご挨拶

院長

冨田整形外科
院長 
冨田眞壽生(とみだ ますお)

 [年 月]
 
       [略     歴]
●昭和18年9月 三重県松阪市生まれ
●昭和44年3月 名古屋市立大学医学部卒業後、 同大学院整形外科教室入局
●昭和48年3月 医学博士号取得
●昭和58年4月 日本整形外科学会 専門認定医取得
●昭和61年10月 日本整形外科学会 リウマチ認定医取得
●平成元年2月 日本整形外科学会 スポーツ認定医取得
●平成元年3月 冨田整形外科として日進市に開業
●平成17年1月 医療法人 マリオ・ネット冨田整形外科 理事長

 整形外科とは、一口で言えば骨や関節と、それを保護・補強する筋肉や靱帯、腱などの疾患を取り扱う医療分野です。しかもこの治療は、単に痛みを取り除くだけでなく、人体としての運動機能、能力を元通りに回復させることが求められます。

 不幸にしてひどい事故などによって十分な機能回復に至らなかったとしても、運動能力を最大限に活用する為の必要性や、治療後のリハビリテーションも含んでの、大きな役割といえます。

 さらに近年における、健康への意識の高まりを背景にしたスポーツの隆盛時代を反映して、スポーツによる「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」も目立っています。この分野においても、私ども冨田整形外科では「スポーツ外来」という専門外来を設け、スポーツ外傷、スポーツ障害の患者さんを数多く診てまいりました。

 脊椎疾患に対しても研究・診察を行なってまいりました。 その経験をもとに、現在も脊椎専門医とともに治療を行なっております。

 これは症例の幅広さ、奥深さでも一般の治療へと帰するものが実に多いというだけでなく、将来はプロ選手などトップアスリートをめざす前途ある青少年の夢を実現させるために、予防としてのスポーツ医学を普及させていく役割もまた、私たち専門医に求められていると考えています。

 基本は、患者さん一人ひとりの症状に応じた適切な治療を行なう、ということです。
そうしてこそ適切なリハビリテーションが成り立ちますし、また、私ども冨田整形外科と患者さんとの間に信頼関係を築くことができると考えています。

 常により良い善処を求められ、それを達成できる冨田整形外科であるよう精進を重ねていきたいと思っております。
Copy Right(C) 冨田整形外科 2007