☆☆浄土真宗は根源的な仏道を語ります☆☆
浄土真宗へようこそ
(18.09)
 ★★★ 残念ですが、私のページの更新は今月で終わります ★★★


ナーガルジュナコンダのブッダの像ですクリックすると少し離れて存在するストウーパです。


七高僧の第二の時代を代表して、天親菩薩が活動しました。
大乗仏教は、この天親菩薩で完成してます。
この天親菩薩の事業は、入出二門です。
浄土の往生と成仏、仏道の完成形を記しました。
往生は、浄土を背景にした覚めた人生を語っています。
成仏は、仏教の語る世界を実現します。
天親菩薩は、仏道の根幹に覚めて浄土論を書きました。
仏説無量寿経に語られる仏道を語り尽くしています。
入の仏道だけではなくて、出の仏道を語りました。
入と出の二面が、仏教の全体を語ります。
他力の純粋仏道が、天親菩薩の語った念仏です。


インドの博物館で素晴らしいのは、もう二つあります。
デリーの博物館とムンバイの博物館。
どちらも本当に大切な博物館です。
デリーのは、実に大きくて堂々としています。
インドの総ての背景が展示されたかったかのようです。
ゆっくりと何日もかけて学ぶべき博物館でした。
ムンバイ(ボンベイ)の博物館も、見事でした。
インドの文化が、詳しく見学出来る感じでした。
遺跡は実に沢山インドに広がっていますが、博物館が手本です。
北にも南にもインドは手ごろな博物館があります。
今から想えば、もっと詳しく写真をとっておけば良かったのにと思います。
博物館というものが、インドでは際立っています。

これらのアピールの多くは、新潟の若者・有志が作成しています。

九月のアピール 八月のアピール
インドは
その古いままが
素晴らしい
それが歴史のあつみ
出遇うことの出来た
素晴らしい
先生達を
懐かしんでいます

このバナーをクリックすると太陽の搭の一部です。

 人間精神の故郷を訪ねて、われわれの存在の真実の深みを確保したいものです。私たちはみんな同じ世に在るのですが、だからこそ世を超えたダルマ(dharma)によって真実を開示しなければなりません。仏教そのものが、すでに世を超えて歴史してきていると親鸞は確認しました。新鮮な感覚の持ち主だったことがわかります。その業績に基づいて、世を貫くダルマのもと人々の尊厳を確保しあいたいものです。《里村専精》

《参照〜この画面のBGは野生司香雪師のお釈迦様の誕生の図です、ヴアラナスィーのランカ寺院の壁画です。メーンタイトルをクリックすると、その原画があります。ご希望の方は自由にダウンロードしてください。私はディスクトップ(Mac)に使用しています。仏頭は、実際にはマトゥラ博物館の少年像です。静かな面ざしは、弥勒菩薩の雰囲気があります。ヤクシはサンチのトラナに刻まれていますが、2000年をこえた作品です》
☆☆☆ 皆さんに紹介したいページが二つあります ☆☆☆
碧海おうみ晴海さんといいます、一度訪ねて見て下さい。
三浦まゆみさんというお方のページも、訪問してください。


このバナーをクリックすると南インドの風光です。


この象さんをクリックすると太陽の神殿の搭です。

◇◇どうぞご意見・ご希望などをお寄せください◇◇

★★★ マックのバージョンを古いままにしていた為にネットが出来なくなります
 皆様には色々と有り難うございました ★★★

mailをどうぞ